【三國志 真戦】シーズン3に向けての武将調節完了

スポンサーリンク
その他の趣味

シーズン3で戦う
我が陣営を考察も兼ねて紹介したいと思います。

メイン人生 戦法
袁紹 火熾原燎 文武両刀
陳宮 焚辎営塁 座守孤城
朱儁 無當飛軍 風助火勢

燃焼武将は呉だけではない…
そんな編成となっています。

特徴としては
袁紹の考え方が兵刃>知力と思われているところを
あえて知力<兵刃ととったところです。

袁紹は火熾原燎は呉の参謀達であれば攻撃力が低くなるところを
袁紹であれば十分に火力が出せます。(泣きの董卓生贄)

陳宮は今のところ強者達の陣営には
必ずといっていいほど回復系の戦法が含まれていますので
回復阻害は必須となります。
攻撃寄りにしていますので陳宮ですが
耐えることができないようであれば蔡琰等に変更していく予定です。

朱儁は意外や意外。この陣営の実は火力です。
燃焼まみれにするのであれば風助火勢は必須ですね。
ですがアクティブ妨害が多いのであれば神算鬼謀など使用して
さらに安定したダメージを出していこうと思います。
そうなってしまえば朱儁はまさに肉壁。
耐えるだけで安定のダメージですね。

コスト16と少し手を伸ばせばできる編成なので
序盤は蔡琰を使いつつ終盤でしっかり陣営を安定させた編成です。

第2陣営
呂玲綺 兵鋒 破陣砕堅
呂布 折衝禦侮 一騎当千
公孫瓚 騎虎之勢 浄化 or 文醜 騎虎之勢 各馬弓兵種
(文醜の場合呂布が主将)

補欠戦法 天下大吉

この陣営の特徴は速度が重要。
ダメージアタッカーは誰かと言われれば
まさかの公孫瓚w

呂布は常に折衝禦侮で全員の能力を下げてもらうことがカギとなる。
発動率を優先しつつ長期決戦は不利なのでしっかり主将を狙っていきたいですね
回復武将達への短期決戦を狙っていきたいですね

公孫瓚はLV50時少しだけ呂布よりも素早さが上回る。
ですので浄化をすることによって封印やアクティブ防止をしっかり解除することができる。
知力が低い武将は継続ダメージも痛いのでしっかり抑えていく必要があります。
速度は10ぐらいであれば装備で調節できるので呂布よりも少し早いことが重要です。
騎虎之勢に関しては決闘中でも発動されるので綺麗にきまれば1ターンに7回チャンスが巡ってきます。

LV10以上の相手にこの威力。
浄化で味方を支援しつつ相手をしっかり排除していきたいですね。

文醜の場合も同様ですが
戦法は全て凸戦法で固めていく感じになります。

第3陣営 これはサブ陣営になります。

夏侯惇 自癒 唇槍舌戦
程昱 智計 
鄧艾 暫避其鋒

LV上げ部隊です。
夏侯惇 自癒 唇槍舌戦
程昱 智計

この組み合わせさへあれば高火力を叩きだせます。
しっかり編成を考えるなら

司馬懿 昏迷乱擾 名文雷震
夏侯惇 自癒 唇槍舌戦
程昱 智計 料事如神

ですね~ 

この3部隊は確定になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました